トップ

予定表

成績表

OB列伝

詰将棋解析学

対抗戦

リンク集

掲示板

お問合せ

明治大学将棋研究会OB列伝

伊藤孝一2012年入学

 常任関東幹事として学生大会の運営に尽力した。非常に真面目な性格だが、天然ボケをかますことも多いため、いじられキャラとして各世代に認識されることとなった。破壊力抜群の棒銀が得意戦法で、幹事チームとして出場した東日本大会では舐めてかかった山崎を散々苦しめた。

荻村純平2012年入学

 入学時から着実に実力を伸ばし3年次には主将に就任。チームを東日本大会へ導いた。派手さはないが確実にポイントを上げていく将棋で強豪相手に善戦する姿も多く見られた。優秀な学業成績、軽妙な話術と高性能な頭脳の持ち主だが、過剰気味な変態発言のおかげで秀才の風格がまるで無いのが玉にキズである。

小泉慎太郎2012年入学

 後に学生名人となった東大の某氏に勝利するなど将棋の実力は折り紙付きで、古新戦や社団戦でも常に好成績を残した。あらゆる面で常に冷静で安定感のある彼だが、酒が入ると突如不安定になることがあり、飲み会の席で周囲の人間に緊張が走るシーンも度々見受けられた。

向坂晋2012年入学

 クセ者揃いで知られる2012年入学組の中で1番の常識人。会計としての仕事をきっちりこなしつつ、脱地獄名人を目指し定跡本を読む姿が印象的であった。4年次は就職活動のため参加率が激減してしまったが、卒業間際に大阪で行われた学生将棋選手権で久々に姿を現し存在感を見せつけた。

益子大輝2012年入学

 非常に筋の良い振り飛車党で、強豪にも十分に通用する華麗なさばきが持ち味。一方で終盤は人が変わったように切れ味が鈍るため、将研内でもよくネタにされていた。女性受けの良いかわいらしい顔立ちをしており数々の逸話があるが、本人は巨乳の女性以外には一切興味を示さない。

山崎和也2012年入学

 入学当初からレギュラーとして活躍。1年秋の団体戦ではA級リーグで7戦全勝を達成し、一躍エースとしての地位を確立した。2年次に諸事情により一時将研を脱退するも、3年秋に復帰。富士通杯出場にも大きく貢献した。将研随一の人気ブロガーでもあり、他大関係者にも多くの読者がいるとの噂。気になる方は是非ご一読を。

竹下貴重 2012年入学 支部名人戦東地区大会優勝、平成最強優勝、関東学生名人、アマ王将戦ベスト8など
 3年秋に奨励会を初段で退会。その翌日から出場した秋季個人戦で優勝し、鮮烈な学生棋界デビューを果たした。その後も明治の絶対的エースとして、個人戦、団体戦問わず圧倒的な実績を残した。
 また、全国の大学生を巻き込んだ大規模な将棋合宿を主催するなど、他大との交流も精力的に行っていた。自身の実力には高いプライドを持っており、大会で負けるとSNS上で荒れる姿がしばしば見られる。

青木佑介 2013年入学
 北海道出身のイケメン。角交換振り飛車、角換わりといった戦型を得意とするため、角道を開けない相手に対しては常に頭を抱えていた。飲みの誘いは断らない性格のため、先輩から非常に可愛がられていた。先輩たちの卒業とともに参加率が減少したが、ときどき顔を出し、同期や後輩と将棋を指す姿も見られた。

佐藤拓 2013年入学

 明大将研初の総合数理学部卒業生。居飛車党であり、安定した実力で古新戦を中心に活躍した。研究会参加率も非常に高く、将棋に対しては大変真面目な性格である。一方で雑談中や酒の席では周囲をドキッとさせる毒を吐くことがあり、将棋を指しているときとのギャップに驚く人も多い。

橋本雄太 2013年入学
角道を止めるレトロな振り飛車が得意戦法。非常に真面目で穏やかな性格であり、空き時間に部室で将棋の勉強をする姿が印象的であった。上級生になってからは勉強で忙しく、なかなか普段の研究会には参加できなかったが古新戦には必ず出場し、得意の振り飛車で勝ち星を稼いだ。
本田孝輝 2013年入学
 入学当初は某最年少棋士ばりの前傾姿勢で盤面をのぞき込み、先輩から注意を受ける姿も見られたが、すぐに改善し面倒見のよい先輩になった。根っからの将棋好きで、いつでもだれにでも対局を申し込んでいた。攻めっ気100%の切れ味鋭い棋風で格上の相手を苦しめることも多い。

山内梓 2013年入学
 某アニメキャラと同名のため、入学後すぐに「あづにゃん」のニックネームが付けられた。「ず」ではなく「づ」。豊富な序盤知識を武器に1年次からレギュラーとして活躍、2015年度には主将となり、春季団体戦で7戦全勝を達成し明治大学を初の富士通杯出場に導いた名将である。一方、生真面目すぎる性格のため周囲を困惑させることも。学業成績も非常に優秀で、卒業後は大学院に進学した。